サービス案内

お見積もりはこちら
TEL:03-6809-2012(営業時間10:00~18:00)
事務所案内
吉田公認会計士税理士事務所
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-16 宮崎ビル2F
TEL:03-6809-2012
FAX:03-6809-2126
採用情報

サービス案内

事業計画・融資コンサルティング

中小企業の最大の悩み、融資を解決 銀行出身の公認会計士・税理士として、融資のアドバイスを行います。

融資を依頼しても手ごたえがない?

銀行のHPには中小企業の味方というようなことを書いているけど実際に銀行に融資の相談をして試算表を出すと「持ち帰らせてください。社内で検討します。」と言われ、数週間後には「上司がどうしても難しいといわれて」と断られてします。そんなことありませんか?

銀行は融資をしたい

よく「銀行は融資をしたがらない」といわれますが実際はそんなことはありません。融資をしたいのです。
銀行は手数料で儲けているわけではありません。融資による利息が最大の利益源泉です。
でも実際に銀行にお願いに行くと断られる。
それは銀行が融資できると判断できるだけの資料がないことが原因かもしれません。

融資のポイントは、「今どうか」ではなく「今後どうなるか」です

「こんなにお金がない状況では、融資をしてくれないのでは」と言われるお客さまが多い
ある意味当たり前ですが、銀行から融資を受けようとしている会社はほぼすべてお金が不足しています。
今、お金がないかは関係ありません。
銀行は、会社が借入をした後に、返済とともに利息をもらうことで利益を得ています。
ポイントは、今お金がないかを知りたいのではなく、今後、どうやって返済してくれるのかを知りたいのです。

銀行にわかりやすい事業計画を作成できるかがポイント

事業計画書で未来をしっかりと銀行に伝える必要があります。
ただし、その時に根拠のないものを持って行っても銀行は信用してくれません。しっかりとした根拠に基づき会計的に緻密に計算された事業計画書が必要です。
ただ気を付けてほしいのは、あくまで銀行にわかりやすい必要があるという点

そこで 銀行内部に精通した銀行出身の公認会計士がサポート

銀行の内部でどのように融資の可否が判断されるのかを見てきました。
銀行が気になるポイントを押さえ、融資の確率を飛躍的にあげます。

報酬

着手金+成功報酬(融資額の5%)などケースに応じて柔軟に対応しております。まずご相談ください

ページの先頭へ戻る